PNG対応のブラウザをお使い下さい。がんばれピングー。

全体を通して
(総集編)
GABF2000編
(10月5日〜7日)
北カリフォルニア編
(10月8日〜12日)
最新の記事へGO!

00年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 * * * *
赤:休刊予定日
黄:特別配信
BeerLine Todayの記事もご覧ください
10月9日(月)GABF最終日
item Beer At Home
デンバー近郊で一番大きなホームブルーショップBeer At Homeを訪問しました。
写真をクリックすると640×480に拡大されます
写真 写真
写真 写真 写真
土曜日だったせいか店内には頻繁にお客が出入りしており、なかなか繁盛しているようでした。 少なくともここの店ではアメリカでのホームブルーの不況は感じられませんでした。
オンラインカタログや雑誌の広告でしか見たことのなかったものもいくつか目にすることができました。
Wyeast社のチューブ入りイーストは中の液体が薄く透けて見えるようなチューブに入ったものでした。 大きさはチューブ入りの歯磨き粉よりも太くて少し短いと言った感じです。 これは、買ったらすぐに使うものらしく日本へ持って帰ってもあまり意味がないようです。
プラスティック製のコニカルファーメンターもありました。 予想していたものよりもかなり大きく、家に置いておくのも一苦労ではないでしょうか。
item GABF(ラストインプレッション)
GABFもいよいよ最終日。 12時半からと17時半からの二回のセッションが行われました。
なおGABFの雰囲気を少しでもお届けするために、コンベンションセンターの前と会場の内部で撮影した画像をQuick Time VRパノラマにしました。 どうぞご覧ください。
Quick Time VRを開くにはQuick Timeが必要です。 ダウンロードしてご覧ください。 コンベンションセンター前のパノラマ (372KB)
GABF会場のパノラマ (348KB)
写真をクリックすると640×480に拡大されます
写真 写真
写真 写真
さすがにメンバーズオンリーと言うことで、入場者数は昨日よりもだいぶ少なく半分(目測)と言ったところでしょうか。
メンバーズオンリーでは何とテイスティング用のグラスがガラス製となっていました。 昨日のグラス不足による特別処置かと思われましたがそうではなく、AOBまたはAHAのメンバーだけしか入場できないことになっているのでガラス製にした模様です。 ボランティア曰く、夜のパブリックセッションはプラスティックになるとのことでした。
そうなると昨日お伝えしたプラスティック製にした第一番目の理由はいったい何だったのでしょうか?
今回はビール以外の展示は非常に少なく、ホームブルワーが興味を持つようなものはあまりありませんでした。 ひとつだけ個人的にも非常に興味があるブースがひとつだけあったので紹介します。
イギリスのBREWLABという会社のブースがそれで、ここではイーストフレーバートレーニングキットが展示されていました。
この会社が扱っているのはブリティッシュ・イーストで、展示されていたのは5種類でしたがもらってきたパンフレットによると14種類くらいあるようです。 液体として配布されるのではなく、写真にあるようなふた付きの細長い容器の中に寒天が入れてあり、そこにイーストを植え付けて配布されるようです。 つまり実際に使用するときにスターターを作らなければならず、Wyeastのようにお手軽に使用できないのが欠点です。
値段は5個セットで$30.00となっていました。 Webからの注文も受け付けるそうです。
フレーバートレーニングキットは、この手のキットにしては破格の$80.00という代物です。 キット内容はフレーバーを発生させる化学薬品、Windows用ソフトウェア、Webサポートがセットになっているとのこと。 このソフトは化学薬品を入れたときのフレーバーチャートを表示させるものだそうで、デモを見るかぎりExcell上で動くプログラムのようです。
item ボルダーのパブ
メンバーズオンリーセッションの後、ボルダーを訪問しました。
写真をクリックすると640×480に拡大されます
写真 写真 写真
行ったブルーパブはMountain Sunという、あと海があったらモスバーガーじゃんと思わせるような名前のパブで、今回のGABFではDoppelBockで金賞を受賞したところです。
飲んだのはエールばかりでしたが、どれもなかなかできが良かったです。
入り口でだいぶ待たされたため、最後のGABFパブリックセッションは間に合いませんでした。
item Falling Rock、今年も大賑わい
GABFの最後はやはりFalling Rockでしょう。
写真をクリックすると640×480に拡大されます
写真 写真 写真
タップの数が70もあることで有名なこのパブは、毎年GABFの前後を含めた数日間は一年で最も忙しい時だそうです。 と言うのも、GABFで盛り上がった人たちがドッと流れ込んでくるからです。
ここでは色々な人たちと話をすることができ、中には今度来るときは家に泊まれと言ってくれる人までもいました。 本当にそうなったら面白いかも知れません。 結局、閉店までいました。 朝のフライトが早いからと言って帰ろうとすると、次のビールをおごってくれたりするからなかなか帰れませんでした。
本日のベストビール: FlossmoorのBourbon Barrel Brown
アメリカンウイスキー、Jack Danielの樽で熟成させたもの。 カスクコンディション。
移動日のため更新が遅くなりました。
10月8日(日)GABF二日目
item コロラドスプリングスのパブ
GABFが始まるまで、コロラドスプリングスのPhantom Canyonというブルーパブを訪問しました。
写真をクリックすると640×480に拡大されます
写真 写真 写真
写真 写真 写真
まずカスクコンディションのIPAを飲んでみました。 写真のように非常に滑らかな泡でした。 この泡はどうやらビアエンジンの注ぎ口にプラスティックの部品を付けているためにできているようです。 そのためかおじさんがかなり力を入れてサーブしていました。
提供される温度も適温で、非常に良い状態のビールが飲めました。
食べ物の方はちょっと味付けが濃く、スープに至ってはかなりしょっぱい印象を受けました。 ビールがすすんで良いという考えればいいのかも知れません。
item GABF(セカンドインプレッション)
小雪の降る寒い夜ではありましたが、会場は熱烈なビールファンで超満員でした。 以下に二日目のインプレッションをお送りいたします。
写真をクリックすると640×480に拡大されます
写真 写真 写真
写真 写真 写真
金曜日ということもあり、入場者数は前日に比べて倍近い(目測)人出となっていました。 入場するまでに10分くらいかかりました。
昨日お伝えした一部で味気ないと評されている“プラスティック”グラスについての続報です。 ボランティアに宛てた説明書によると、今回からプラスティックグラスになったのは以下のような三つの理由があるそうです。
・今回から使われているコロラド・コンベンションセンターはホールでのグラスの使用を禁じている。
・これまでのGABFではたくさんのグラスが割れているため、客の安全第一を考えての選択である。
・このカップはビールを味わうために十分な能力を備えている。
素材は単なるプラスティックではなくLexanという素材で匂いなどはないそうです。 ちなみに研究社のリーダーズ・プラスによれば、
Lexan:レキサン 《固くて割れにくく透明度の高いポリカーボネート樹脂; ガラス金属に代わる樹脂として破砕防止窓などに用いる》
とのことです。
このテイスティンググラスですが、午後7時過ぎには配るものが全てなくなったようで、それ以降に入場した人々(我々も含む)には替わりのカップが配られました。 このカップは本来、テイスティングカップを割った人などに供されるもので、臨時の処置であったようです。
お土産コーナーで売っていたガラスのテイスティングカップが、一時品切れ状態となっていました。 ところが8時過ぎに取材班の一人が見に行ったところ、新たに入荷していました。 またいつ品切れになるかわからないので、早いうちに購入しなければ。。。
本日のベストビール: Rocky River Brewing Stout
コーヒーの香りとバニラの香りが程よく、なかなかGoodでした。
しかし、ベストを決めるのは大変です。
なぜか知らないけど、4人中3人は朝5時(日本時間20時)に目覚めるんですよ。
10月7日(土)GABF初日
item デンバーに到着
我々取材班はとりあえず無事にデンバーに到着しました。
写真をクリックすると640×480に拡大されます
写真 写真
途中、サンフランシスコで中山さんというホームブルワーの方と一緒になり、GABF期間中は行動を共にして下さることになりました。(上の写真の右端の人) 何かいろいろとコメントをいただけるかも知れません。
item GABF(ファーストインプレッション)
今年から会場が変更になったGABF2000ですが、旅の疲れを引きずりつつ参加してきました。 取りあえずファーストインプレッションをお送りします。
GABFのチケットに付いている半券を入り口で渡すと参加した証としてグラスがもらえるのですが、そのグラスが今回からプラスティックになっていました。 落としても割れないようにとの配慮からかも知れませんが、ちょっと味気ない感じです。
グラスはお土産を売っているところで$4で販売されていたので欲しい人は買えということでしょう。 それにもかかわらず落として割っている人もかなりいました。
また、出店しているブルワーの一覧にも変更がありました。 これまではちゃんとした冊子を配っていたのですが、今回は新聞です。 こちらは明らかにコストダウンがはかられているといった感じです。
写真をクリックすると640×480に拡大されます
写真 写真 写真 写真
本日のベストビール: Ace Apple Honey Cider
かなり酔っぱらっていたし疲れていたので適当な選択ですが。。。
それにビールでもないし。。。
何かと忙しくてあまり書いている時間がありませんm(_ _)m